【お掃除マメ知識】ご存知ですか?温水トイレ便座は取り外せます。

こちらの記事は、2018年10月6日に初稿したものになります。当時の記事が移行されており、当時と現時点でのタイムラグがございますことを予めご承知おきください。

皆さん、こんにちは。
さっそくですが、皆さんに質問です。
温水洗浄タイプのトイレは、便器から便座を取り外せるのをご存知ですか?

クオリースタッフの清掃研修をしていると、便座が取り外せることを知らない方が多くいました。トイレの壁や床を清掃をしても悪臭がする場合は、ここに原因があるかも知れませんね。今まで一度も取り外したことがない場合は是非取り外してみてください。ひどい汚れに驚くことでしょう…

今回は、トイレ便座の外し方と、その清掃方法をお伝えしましょう!

トイレ便座の取り外し方

温水洗浄タイプは、便器を正面にして、右側にボタンがあります。
そのボタンをポチッと押しながら(引くタイプもあり)便座を手前に引いたり、持ち上げたりすると取り外せます。取り外す前に電源プラグを必ず抜いておくことを忘れずにしてくださいね。

最新タイプの一体型トイレの場合は、便座の右横に取り出し型のレバーがあったり、壁に設置してあるコントロールパネルなどに便座をリフトするボタン等があるかと思いますので、確認してみてください。ちなみに画像のタイプは、引くタイプでした。

取り外したトイレ便座の掃除方法

便座を外したら、落とさないよう慎重に便器の上に立てるように置きましょう。トイレ用のお掃除シートもしくは、クロス布に洗剤を含ませて、汚れを洗剤を馴染ませるように汚れを拭き取ります。今までお掃除をしたことがない場合は、汚れが固まってしまって、なかなか拭き取れないこともあります。そのような場合は、トイレットペーパーを洗剤で湿らせて、汚れの部分に湿布しておくと、汚れが柔らかくなってくることにより、簡単に綺麗になります!

便器の裏側は凹凸が多くあります。そのような細かい部分は、綿棒に洗剤を浸せて、掻き出すように汚れを取り除きます。使い古しの歯ブラシをトイレ掃除用に用意してもいいでしょう。みるみる汚れが落ちると気持ちいいものです。

また、便座の右横にあるボタン付近には、脱臭フィルターというパーツがあります。この脱臭フィルターにも、ホコリが目詰まりしていると思いますので、確認しましょう!脱臭フィルターを外したら、お掃除用ブラシで目詰まりしたホコリを水で洗い流します。汚れをしっかり洗い流したら、脱臭フィルターの水滴をしっかり拭き取り、元の箇所にカチッと取り付けましょう。

次は、便器側のジョイント部分のお掃除です。
こちらも便座と同じように、トイレ用クロスに洗剤を含ませて、汚れを拭き取ります。長らく掃除をしていない場合は、便器回りの尿が固まってしまっている(尿石)場合もあります。そのような状態のときはクエン酸水で尿石を柔らかくして、使わないプラスティックカード等でこそげ取りましょう。(こそげ取る作業は、なかなか気持ちいいものです)

最後にトイレ便座を取り付けましょう

お手入れが終わったら便座を便器に戻しましょう。
奥にスライドするタイプ、上から押し込むタイプとありますが「カチッ」っと音がしたら取り付け完了です。トイレ掃除は、ほかにも便器の内側やフチ裏、外側の側面などお手入れする箇所が多くありますが、一連の工数を段取り良く行うことがポイントです!

クオリーでは、このような細かい部分も丁寧にお手入れして、ゲストさまの快適空間をご提供しております。

お掃除のお困りごとは、クオリーにお任せください。

この記事を書いた人

QUALie運営メンバー

読者の皆さんの日々にお役に立てる情報などを発信していきます。どうぞよろしくお願いいたします。