民泊運営での鍵トラブル対処法と推奨スマートロック

こちらの記事は、2018年2月1日に初稿したものになります。
当時の記事が移行されており、当時と現時点でのタイムラグがございますことを予めご承知おきください。

ホストの皆さま、これまで民泊運営していると文化の違いなども含め、さまざまなトラブルが起こる場合があります。
民泊トラブルは予め対処しておくことで未然に防げるものが多くあります。そのなかで最も多く起こるのが鍵のトラブルです。

私どもが遭遇した、鍵のトラブルはこんなことがありました。

こんなにある!民泊での鍵のトラブル

・鍵が所定位置(主にキーボックス)に返却されていない
・キーボックスの番号が何らかの原因で変更されてしまった
・ほかの部屋のポストに返却されてしまい取り出せない
・ゲストが持ち帰って帰国してしまった
・そもそもゲストが紛失してしまった
・ゲストがチェックアウトしたにも関わらず、鍵を持って外出してしまった
・鍵が折れた状態で返却されていた

このような不測の事態に備えてスペアキーを用意してあればいいのですが、
スペアキーを用意していない場合が多く、現地に清掃スタッフが到着して
「鍵がない!」「清掃が遅れる!」「次のゲストがチェックインしちゃったよ!」などのアクシデントに繋がります。

鍵トラブルの対処方法

前述しましたように、民泊でのトラブルは予め対処しておくことで未然に防げるものが多くありますのでご紹介しましょう。

まず、ゲスト用とクリーナー用の鍵は分けて設置しておくことをオススメします!
日本での民泊はセルフチェックインの場合が多くありますが、メールボックスにゲスト用と管理用のキーボックスを用意しておくと、もし鍵を紛失してしまった!というときでも対応することができます。その際、キーボックスの解錠番号はそれぞれ違うものにすることが大事です。

キーボックスを2つ用意しないまでも、スペアキーをメールボックスの天井に貼り付けておく場合もあります。
こちらは、毎回清掃業者にスペアキーがきちんと貼ってあるかを確認してもらい画像を撮ってもらうことをオススメします。

また、遠方で民泊運営をしている場合でしたら、スペアキーを清掃業者に預けておくのも賢明な対処です。
鍵がない!というときに清掃業者に物件まで鍵を持っていってもらうこともできる場合もあります。

おすすめスマートロック3選

スマートロックが市場に出たばかりの頃は、初期費用が高いと敬遠されていましたが、現在は初期費用の負担がないスマートロックが多くあります。スマートロックとは、予めスマートフォンにアプリをダウンロードしておき、ドアの鍵に取り付けた端末にスマートフォンを近づけると施錠や解錠をすることができます。物理的な鍵ではないので、紛失によるトラブルは軽減することができます。但し、操作性はメーカー毎に異なるため、予め各メーカーのスマートロックを試してみたり、情報収集することをオススメします。

akerun

初期費用ゼロ・工事不要・最短1ヶ月から利用できるakerun
デバイスを無料レンタルしてくれて、設置は「貼り付けるだけ」で、難しい取り付けが不要なのは、利用者にとっても大きなメリットです。また管理側は、遠隔地から施錠や解錠ができ、例えば民泊での利用でしたら、入退室管理システムで日時指定ができるというのも安心です。

Qrio Lock

スマートフォンをポケットやバッグに入れたまま解錠・施錠ができるスマートロックQrio Lock
旅行者はたくさんの荷物を持ってチェックインします。両手が塞がっている場合やお子さんを抱っこしていて、スマートフォンを取り出せない場合など、そのままドアに近づくだけで解錠ができ、自動的に施錠されます。取り付けも工事不要で、両面テープで貼り付けるだけの簡単さ。こちらも遠隔で施錠・解錠ができます。

セサミ

世界最小・世界最軽量・世界中の鍵に対応のスマートロック セサミ
セサミのスマートロックは、バッテリー寿命が長く、寿命が近づいてくるとスマホに通知が届きます。出入りの多い民泊では、バッテリー寿命が長いというのはメリットですね。また、従来の鍵を併用することも可能で、スマホを持っていないゲストやスマートロックなどのIOTの操作に慣れていないという場合も、選択してもらえるなどのメリットがあります。こちらでご紹介した全てのスマートロックに共通しているように、遠隔操作や入退室の履歴確認もできます。

トラブルを未然に防いで、快適な民泊運営を!

民泊運営は、さまざまな国からゲストが訪日します。
ゲストの皆さまにとって、日本での楽しい旅行体験をしていただくためにも、起こりうるトラブルを把握し、未然に防げるようにしておくことが大切です。民泊運営において、清掃会社は良いパートナーになりますので協力要請して、二人三脚で快適な民泊運営を!

お掃除のお困りごとは、クオリーにお任せください。

 

 

初稿:2018年2月1日
更新:2018年10月1日

  • ブックマーク

この記事を書いた人

QUALie運営メンバー

読者の皆さんの暮らしにお役に立てる情報などを発信していきます。どうぞよろしくお願いいたします。